眼と眼に,愛を

 ■感じたことを素直に記憶するために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

憧れが常にそこにあるとは限らない

なんでいまだにそんなものを描いているのか? と聞かれることがあります。
自分でも不思議なのですが、考えてみると答えは簡単で、中学の頃に憧れの人がそれを描いていたからです。
憧れていた人をMさんとしますね。

著名なSNSが存在しなかったころ、インターネットの交流といえば、個人HPとそれらの掲示板を結ぶローカルなつながりによって成り立っていました。
Mさんは私よりかなり年上の方で、その人も例にもれず個人HPを運営してスタイリッシュな絵を投稿し続けていました。
当時、私は立方体や球すらまともに描けず、家で太鼓の達人のゲームをし続けていた時代でしたから(笑)、ただただぼーっと憧れの目でそのHPを見続けていたものです。
Mさんを中心とする絵描きさんは他に3人いて、彼ら4人が毎日記す絵日記やオフ会記録を読むのがとっても楽しみでした。
自分にもこういう仲間ができたらなぁ、としんみり思ったりもしました。

1年、2年とたつにつれ、尊敬する4人の絵師さんのサイトは縮小運営の一途をたどり、1つ、また1つと閉鎖していきます。
最後にMさんのサイトが閉鎖されたとき、私はついに一言も声をかけることができなかった憧れの人とのあいだに、もう超えることのできない大きな壁、、いや、黒い霧というか、本当にどうしようもない隔絶が生まれたんだな、と寂しく感じました。
同時に、進学して私にもいろいろな興味がでてきましたので、他のサイトさんにお邪魔してみたり、楽器を太鼓ではなくピアノに持ち替えて音楽サークルに飛び込んでみたりして、彼らのことは徐々に忘れていきました。

あのときから10年以上たったいま、ふとMさんの絵を思い出します。
インターネットは全てを記憶するので、大昔のサイトも閲覧することができるようなシステムがあります。
私は故郷の家をグーグルマップで覗いてみる面持ちで、Mさんのサイトのアーカイブがないかどうかを見てみました。

サイトはありました。
しかし、絵は1つも残っていません。
ただ、とても小さなバナー画像が2枚だけ残っていたくらいです。
理由は分かりませんが、Mさんは自分が描いた全ての作品をきれいさっぱり消去していったのです。
アーカイブからも徹底的に。

これ以上詮索を続けようとしても、その方法すら思いつきませんし、ただのストーカーもどきになってしまいかねないので、もう私には何もできることがありません。
自分自身もいろいろなことから逃げてきた経験があるので、何かしらの都合によって失踪せざるを得なかったのでしょう。

そのとき、私はふとシャープペンシルをとって、頭の中にぼんやり残っているMさんの絵を真似するように下手くそな絵を描いてみました。
変な話ですが、道端に転がっていた昔の憧れの残骸を拾い上げて、まるで「私に託されたのだ」と勘違いしているおバカさんになったかのように、不思議と描く楽しさを感じたものです。

とっても下手っぴですが、それからちょくちょく私は絵もどきを描くようになりました。
社会人になる前に、学生の頃しかできない個人目標を決めて何か達成せよ! と言われた際も、お絵描きでパラパラ漫画つくります、と提案しました。
夢はジジイになったときに、旅行先でちょこちょことスケッチができるようになることです。
今は頑張って、修行だと意気込んでどこまでいけるかという精神でお絵描きを楽しんでいます。


いま少し迷っていたりもします。
さきほど、たった2枚だけしか画像が残っていないといいましたが、それを見たときに目の塗り方や厚塗りの感じなど、Mさんの絵柄をありありと思い出しました。
その塗り方を真似してもよいのかどうか、、という点で迷っています。
なんだか、昔のおばあちゃんの手料理の味を試行錯誤して求めていくような感じですかね(私は料理したことないんですがw)。
線を引く練習をするとき、やっぱりあの人の絵柄を目指していることにふと気づくんです。


でも、残念ですね。
憧れが常にそこにあるとは限りません。
私に、きれいな絵を生み出すことのワクワクさを教えていただいたMさんは、もういないんです。
ありがとう、と一言、叶うならそう言いたいんですけどね。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/25(金) 22:19:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尺間神社

 朝7時30分起床。
 久しぶりにこんな早くに起きた理由は、尺間神社への参拝のためです。
 自宅からクルマで1時間30分程度の場所にあるこの神社は、山の峰のてっぺんに建てられている神社で、わが県内でも有名な場所。特に学業関係についての誓いをたてる場所としては、すぐに名が挙がる神社です。

 1月5日は「千日まいり」といって、その日に参拝すると千日ご加護があるというこの神社に、なぜ1月4日に出かけたのか。理由は天気と時間。5日は大雨なのできれいな景色が拝めません。また、父が大阪へ帰ってしまうのが4日なため、一緒に旅行するためにはどうしても4日の午前しかなかったのです。

 尺間神社をめざして、俺、父、いとこ(前日の記事参照。小3? のMは朝起きれなかったらしい)の3人で出発。
 出発早々、交差点で事故っている現場に遭遇する。クルマの破片が散らばるくらいの事故。状況的にみていましがた起きたような感じ。それを見て、自分がアクアを運転すると保険がおりないことを思い出し、あわててスピードダウンする。保険おりない、小学生のいとこが乗ってる、参拝にいく途中、という3拍子がそろえば、ゆっくり走行するしかない。
 大分県はほんとうにクルマのマナーが悪い場所。制限50キロの山道を65キロで走行しても後ろにクルマがいっぱいくっつく。けっこう気になりますが、焦らず走行します。こういうのは気の持ちよう。いろいろな言い訳や自分をなだめる言葉をかけて、速度をあげないようにする。最近のこだわりは「日本人の血」。もともと日本人は礼儀や空白の時間のような、静謐を重んじるといいますか、そういった文化を持ちます。クルマをすごい速度で走らせる人はそうした血が薄いのなんの、とかいう言い訳をしてマイペースに安全運転するのです。……でも、もっと気持ちよく走行できるようになんないかな。

 走行中、「シートベルトを着用しよう」の看板を手にし、X字型で直立しているのっぺらぼうの木の看板を目にし、そいつが追いかけてくるというネタでいとことずーっと盛り上がる。

 さて尺間神社に到着。
 この神社、前述のように山の頂上にあるため、山登りしなければなりません。
 コースは2つ。

 ・階段100段コース
 ・階段400段コース

 さて、自分たちは400段コースを目指していたのですが、駐車場を間違えて100段コースに入りました。
 少し残念な気分で神社を目指します。

 ところが。

 100段コースの道は、まず急峻で切り立った山道を昇らなければなりません。300、400段ほど階段があるのですが、実はこの階段たちは「100段コース」の「100段」ではなかったのです。
 20分ばかし息を切らして山を登り終えたかと思えば、神社にたどり着くまでにさらに100段の階段があるという……。参拝の帰りには400段コースを通りましたが、正直、100段コースのほうもきっついです(400段コースは階段までに整備が行き届いていますが、100段コースは荒削りの山道という感じ)。

 運動不足の足を動かして、ぜぇぜぇいいながら登り終えると、そこは絶景。佐賀関半島から阿蘇外輪山まで見渡せます。天気のよい1月4日を選んで正解でした。空気も澄んでいて最高です。
 本殿に参拝。小銭がなく、申し訳ないですがお賽銭箱には1円玉を投入……。後ろ髪をひかれる思いがするのですぐ近くのおみくじに100円を投入しておみくじを引きました。
 また、5回回って願うと願いが叶う? という天狗さまにも参拝。どうか健康でいられますよう……と願いました。
 お守りも2つ購入。

 尺間神社を後にします。帰りは400段コースを通ることに。父といとことわいわい騒ぎながら階段を下り、国道10号線に出る。100段コースと400段コースにおける駐車場はかなり離れているため、国道をさらに40分ばかし歩く。
 良い運動になりました。

 クルマで出発、そのまま大分駅へ。父とはそこでお別れ。またゴールデンウィークか、夏休みまで会えません。

 いま現在、鼻水がでてのどの痛みも少しあります。
 尺間神社で健康を祈ったはいいのですが、山の頂上の寒さに耐えれず体がダウンした模様(苦笑)。健康の大事さを身をもって痛感するとは、ね。

 それでは、おやすみなさい。

【食事】
朝:コンビニのパン。ホットドックのようなもの
昼:く〜たラーメン。温玉ミソ + おにぎり + 餃子4ヶ
夜:セブンイレブン。カレー + 野菜
めずらしく1日3食生活。
  1. 2013/01/04(金) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Aigul

Author:Aigul
「伝える仕事」。
人と会話をすることが私の夢であり、私の全てで、それしかない。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

生活 (34)
部活♪ (0)
映画 (0)
べんきょ (0)
音楽 (0)
情報倫理 (0)
新情報倫理草案 (0)
*^^* (1)
未分類 (2)
小説類 (0)
テツガク (0)
クイズ (0)
おふざけ (0)
心の足跡 (0)
将来に向けて (2)
皮肉 (0)
絵 (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。