眼と眼に,愛を

 ■感じたことを素直に記憶するために。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

疲労蓄積

疲労が蓄積しているみたいです。
夜中までばりばり勉強するのが困難になってます。
少し休んだ方がいいのかな。

今日は九大と東工大の方にメールを送りました。
これで候補4研究室すべてに連絡を送ったことになります。
3月はかなり忙しくなりそうです。

からだは壊さないようにしよう。
そういえば今日、ティンがインフルになっちゃいました。


【食事】
朝:抜き
昼:天ぷら定食
夕:ビッグマックセット+チキンナゲット
スポンサーサイト
  1. 2013/01/29(火) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いま現在

 がんばってます!


【食事】
朝:抜き
昼:抜き
夕:カレー&焼き肉コンビ弁当(ほっともっと)
  1. 2013/01/28(月) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事があるのは幸せなこと

 久しぶりに、日付が終わる前にやるべきことを終えた。
 やるべきことっていうのは、スケジュールに書かれてある事柄のことをいうので、その他の自主的作業などは含んでいない。

 実は、私は高専同窓会のホームページを管理するという仕事を担っている。
 今年でわが高専は50周年記念になるとのことで、ホームページ全体のリニューアルを考えてはどうか? と上司から提案されたのだ。
 ホームページ制作の経験はいくらかあるが、公式的に扱われるようなHPの制作などはしたことがないし、スタイルシートやら何やら含め、基礎的な事項からHTMLを学んでいくのには相当の時間が必要であろう。
 もちろん、その分お金ももらえるのだが、いま現在、私にはそういった時間の余裕があまりないのが事実である。
 テスト勉強はもちろんのこと、SAの準備、そして大学院進学の件でも色々と忙しい。
 時間をうまくやりくりして1つ1つこなしていくしかないだろう。

 仕事があるのは幸せなことだ。
 自分の存在意義を感じとれるし、ぜんぶやり終えたときの爽快感ったらありゃしない。

 丁寧にスケジューリングして、こなしていこうと思う。


【食事】
朝:抜き
昼:カレー
夕:サラダ+カレー (2回連続でカレー!!)
  1. 2013/01/27(日) 23:20:31|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知覚の鍛錬

変なことを言っているかもしれないが、何か難しいことを自分の頭で思考することの意義を見出したような気がする。

私たちは、現実を脳の知覚情報としてしか受け取ることができない。
喜怒哀楽はもちろん、美しいこと、汚れたこと、愛、罪、いや人生そのものでさえも、言ってしまえば脳内の電気信号とでしか認識できないのである。

つまり、だ。
思考することをやめず、常に学習を続けていくこと、それは知覚の鍛錬に他ならないのではないか。
知覚が研ぎ澄まされれば、いつも見ている景色も、もっと綺麗に映るはず。
何気なく聞いている音楽の一音。
何気なく見上げる空。
あらゆるものが、もっと鮮明に感じ取ることができるとすれば、これほど幸せなことがあるだろうか。

人生は脳内の知覚でしか認識できない。
脳内の知覚は自分の意思で鍛錬可能である。
ゆえに、「人生を自分の意思で鍛錬する」ことは可能である。


【食事】
朝:抜き
昼:わか竹ステーキ
夕:カップラーメン
  1. 2013/01/26(土) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準備

 スケジュールでつめつめの生活だが、なぜだか落ち着いて未来のことを考えることができる。
 おそらく、自分が自分のために少しでも努力しているおかげで、からだの中に正体不明の焦燥感が渦巻くということが無いからだろう。

 本科3年生時のときに設計した「M&Mスケジュール」。
 某コンビニの発注時に参照するマトリックスデータをモチーフにし、親友のマックスと制作したものである。
 「日別」と「科目別」の2本軸からなる平面マトリックス(表)に勉強マークをつけていく方式で、無駄なく、もれなく、効率的な学習を可能にする。
 何回か試行錯誤した結果、いちばん良いのはマトリックス中に「予定勉強時間」ではなく「予定勉強範囲」を記入するということである。これによって、潜在的に「進捗度」を把握できるようになり、2次元から疑似3次元的情報を可視化できることを可能にした。
 スケジュールの恩恵は尋常ではない。
 自分が過去問を使用しなくなった主な原因であるほどだ。

 基本的に、このスケジュールはテスト前にフル活用しているのだが、今回はテスト1ヶ月前からこれを活用している。
 すると、SAや突発的に入る用事などをやりくりしながら、なんとかすべきことをやり終えられるようになった。
 スケジュールがあることによる安心感からか、夜中3時くらいになっても勉強をがんばれるようにもなった。
 精神的な効能も高いのではないだろうか。

 大学院試験がせまりつつある。
 この強力な武器を小脇に抱え、効率の良い勉学を継続させて果敢に挑んでいきたいものだ。


【食事】
朝:抜き
昼:B屋ラーメン
夕:セブイレ:温野菜、カレー
  1. 2013/01/24(木) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日を充実して過ごす

 ちょっと忙しい時期に入っています。
 きのう、今日とかけて頑張っています。

 きつい分、毎日が充実してていい感じです。

 今日は今から英語をちょっとやって、寝ます(笑)

【食事】
朝:しゃけおにぎり
昼:ビッグマックセット
夕:メンチカツコンビ弁当(ほっともっと)
  1. 2013/01/23(水) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作業疲れ

 英語の勉強において、単語を書き連ねたcsvファイルから、latex用のtexファイルを自動生成するプログラムを書いたが、どうもLinuxとMacとで改行コード関連の互換性問題があり、うまくいかない。
 数ギガバイトのファイルを延々と吐き続けるだけの代物になってしまった。

 色々とやることがあって、けっこう忙しい。

 そんなわけで、今日はこの辺で。

【食事】
朝:抜き
昼:3種のきのこ牛丼
夕:もつ鍋(セブイレ)
  1. 2013/01/21(月) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あやふやな未来像「自他共に」

 将来、何をしたいのかがあやふやになっているなと感じています。
 どんな職業に就きたいか、という質問にも答えられないし、いま目指している研究室において、その先のことを思うと不安になります。
 とにかく就職できるとこには就職してしまえ、と見境のない就職活動に終わってしまうかもしれないからです。

 今日Kさんと電話した中で話した「自分の未来像」。
 自分がいま考えているのは、とにかく普通に暮らすこと。毎晩屋根の下で眠れて、週末には少し贅沢をして良いものを食べることができる、というもの。
 ただそれだけの生活を欲しているのです。

 数年前まではタワーマンションの最上階に住むとか、でかい家を建てるとか、自由すぎる理想のもとキラキラに輝く未来像を打ちたて、目標としてきていました。
 ところが、現代の経済的課題や数十年後の来るべき超高齢化社会における社会全体の変革により、いまと同じ生活は簡単には望めません。
 ある本では、わたしたちが親とまったく同じ生活をしようとする場合、「5000万円」のペナルティーがつくと計算されています。気が遠くなってしまうような金額ですが、時間に換算すれば更に理解しやすいでしょう。平均年収500万円と楽観的に見積もっても、10年も人生が短くなるということです。ガンやら事故やらの不確定性質の事故などはこの際、考えなくても良く、それらを含有させてからの「マイナス10年間」なのです。

 こんな事実を突きつけられてもなお、リッチな生活を渇望できるでしょうか。
 「今のまま」を継続すること自体、十分リッチで高級なものになってきつつあることを予期し、実感しなければならないと考えています。

 わたしたちの先輩で、すでに良い車を買ったりなど、贅沢なことをしている人がいますが、本当に大丈夫なのか? と思ってしまいます。

 わたしは心に誓うべきでしょう。

 あんまり未来をナメていては困る、と。


【食事】
朝:抜き
昼:ごっつ旨いお好み焼き
夕:coco壱の期間限定カレー
  1. 2013/01/20(日) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

障害か、進化か

「新世界より」という、かなりの大長編を読み終わった。
今は読後の余韻に浸っているという感じだ。

私は、本を読むのがすごく遅い。文庫本なら約1週間、漫画ですら1冊読み終わるのに2時間は要する。
今回は調子が良く、400ページ強を8時間で読み終えたのだが、早い方なのだろうか。

私は吃音という障害を持っている。ありがとうと発音するとき、「あ、あ、あ、あ、ありがとう」と言う風にどもってしまう。
昔はいろいろと嫌な目にもあって来たが、現在はそうでもない。吃音は、捉え方によっては障害などではなく、むしろ進化と言ってしまった方が人生が楽しく過ごせると気づいたからである(笑)
「あ」と「り」を同時に発音することは、一般の人には出来ない。しかし、私のような吃音者には出来てしまう。これがどもりの原因だと私は考えている。
裏を返せば、一般の人が無意識に行っている思考回路において、2倍の脳細胞が過敏に駆逐されるということだ。中学3年の頃に、うまくいけば他人より2倍頭の回転が早くなるんじゃないか、と考えた。中学生がいかにも考えつきそうなことである。

しかし、あながち的外れでもないかもしれない。
本を読み始めるとき、私は2度ほど反復しなければ、書いてある文章を理解することはできない。調子が悪いと、頭の中で文章を音読して、その声を聞いて書いてあることを理解するという、非常にまわりくどい手法をとらざるを得ない。
これも発声時の障害に似ている節があるんじゃないかと考えた。文章の中にあるいくつもの単語を、過敏に反応する脳細胞が同時に理解しようとするからで、かえって読解の妨げとなってしまっているという説である。
今日、8時間もぶっ通しで本を読み進めていくうち、あることに気づいた。
頭痛がし始めて頭がボーッとなるにつれ、文章の読解が非常に楽になってきたのである。
そしてビックリしたのは、最終的には1ページ内の全文章が一つの文字を表しているように、同時に視界に入ってきて、明滅しはじめたことだ。単なる目の疲れかもしれないが、このとき私は「眺める」だけで内容を理解できることに気づいて、すごく嬉しかった。斜め読みとは、こうやって行うものかとも思った。
アレルギー反応を抑え込むように、脳の過敏な思考をある程度おさえこんでやれば、吃音も案外治ってしまうものなのかもしれない(そういや酒に酔っているときに吃音がひどかったりしたことはない)。
それだけでなく、かえって頭の回転が早くなるかもしれない。普通の人が重要視しない無意識的な事にまで2倍の脳細胞が反応するから。波長の同じ波が打ち消しあって邪魔をすることはあるが、重なり合って増幅することもある。
面白い発見をしたと思う。

寝つきが悪い原因も、先日書いたように眠る前に想像のストーリーを継続させ続けられたのも、こうしたことが原因なんじゃないだろうか。
睡眠に入ろうとすると頭がボーッとしてくるから、かえって思考がどんどん加速し、イマジネーションが暴走するのだとしたら。毎晩気づかぬうちに何時間も無意味なことを考え続けたことに舌打ちしつづけたのも、これが原因か。

そういや高専の受験を受ける時、毎日の日課は6時間ゲーム→3時間勉強 という流れだった。ゲームしまくったあとの方が宿題も早く片付くからだった。

このブログも、夜遅くに書けば書くほど、記事内容が自分自身の精神世界に近いものになっているのも、同じ理屈で説明がついてしまう。

なんで今日の朝に書いた昨日の記事より、疲れて目も痛く、真夜中2時30分に書いてある当記事の方が内容が濃密なのか。

だめだ。

間に合わない。

いろいろ書きたいことがあるが、iPadの倦怠な入力速度では、到底追いつかない。
次々に表現したいことがあって、打とうとする前に消えてしまうか、別の事柄についての面白い意見が割り込んでくるからだ。


馬鹿でいるほうが幸せなのか?


【食事】
朝:アイスクリーム二個
昼:皿うどん
夕:サラダ、温める蕎麦
  1. 2013/01/19(土) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メール

大学院へメールを送信し、今日、会う日を決定しました。
でも聞いたところによると、ちょっと遅いような感じもします。はやい人は(北九州の学生?)11月には来ていたようで。

メールを送った研究室は、当初予定していた研究室とは違うところ。
だから、予定していたところにもメールを送るかどうか迷っています。何せ準備してきた情報があるので。
または、もっと高難度の大学の研究室を目指すというのもありなんですが……。

もうちょっと考える必要がありそうです。


物理のSAをしましたが、かなりむずかしい範囲だったので答えが出せない部分が多くありました。
やはり、Y先生の鬼畜さは本物のようです。


【食事】
朝:抜き
昼:和の弁当、とり天
夕:ハヤシライス
  1. 2013/01/18(金) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スケジュール縛り生活の山場

現在、勉強スケジュールに従って勉強していますが、はやくも山場到来といった感じです。
予定している2つの科目が微妙な感じで終わっていて、なんとなく大丈夫かなと思ってサボったこと、1時間と予定している物理SAの準備において、2時間頑張っても半分もいかなかったこと。
こういった小さなほころびのせいで、ちょっとイライラ状態に陥りました。
ほっともっとでデラックス弁当を注文し、おなかいっぱい食べたのですが、その後読書をしてしまったせいで、この時間帯までぐだぐだしちゃった感じです。

スケジュールをたてると毎度のように起こることなので、別に完璧にするべきことじゃないなと割り切って、もとの状態に戻るのを気楽に待つことにします。
まだ取り返せるでしょう。

そうそう、ついに大学院の教授へメールを送りました。日時がかぶるといけないので、一人ずつ、です。今日はK工大のU先生に送信。

やっと難題が片付き始めたって感じです。


【食事】
朝:抜き
昼:てりやきマックバーガーセット
夕:ほっともっとデラックス弁当
  1. 2013/01/17(木) 23:57:13|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然とは、誇張なき感覚のことを言う

 刺激の強い炭酸飲料を飲みまくっても、喉の渇きはあまり改善されません。
 混じりけの無い水を飲んではじめて渇きを潤せる、そんな気がします。

 誇張にあふれた世の中。
 最近は、効果的とはいいながらも、少々味の利きすぎたスパイスが蔓延してはいないでしょうか。

 コンプレッサーでがちがちに音圧を高められた音。

 ビビッドに彩られ、哀愁を塗りつけたかのような着色の空。

 血と臓器が飛び散りあう過激表現。


 慣れてしまってはどうしようもない。
 麻痺してしまったら、混じりけの無い感覚が戻るまで待つだけです。

 鳥の声とか、

 日の沈む前の曇り空とか、

 何気ない社会の習慣とか、

 そういったもので定期的に直していかないと、何にも聞こえないような気がします。


 今日はお腹を壊しました。昼、味のとても濃いラーメンを胃に押し込んだせいかもしれません。
 そういえば、日曜日に牡蠣を食べたK氏とO氏、それにMCのR君が胃腸炎のようなものにかかったらしい。……生の牡蠣は怖いですね。

 スケジュールを立ててから、勉強は順調に進んでいます。
 本日は物理のSAがあったため、英語のTOEIC-Textを開けませんでしたけど(笑)
 何もしないよりかはましってやつですね。

 懸念されるのは大学院へのメールをまだ出していないという点。
 もう、自分に対してめっちゃじれったい。
 今週中には出すつもりでいます。

 頼むぜ……。

【食事】
朝:抜き
昼:馬力屋ラーメン
夕:ほっともっと、デミハンバーグ弁当
  1. 2013/01/16(水) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢うつつの世界に浸る

 6:30

 白い数字列が点滅すると、ガチャガチャと耳につく音を立てながら、アクリルで飾られた一機械が起動する。
 しずしずと流れ出す音楽。
 前日に、タイマー設定されたコンポの出す音である。

 ラヴェルのDaphnis Et Chloé Suite #2。
 私のような凡人には理解できないオーケストレーション技法が紡いでいくのは、目覚ましにはふさわしい「朝」の情景。ミュージカルか何かは忘れたが、曲そのものが朝をイメージしていることは確か。
 ゆったりと流れるメロディ。
 その心地よさに任せて、毎回2度寝してしまったものだ。

 ベッドの中で目が覚めてから、完全に起床するまでの間、夢と現実が交錯する。
 脳内のイマジネーションが好き勝手に絡まりあって、天の川のように輝きだす。天体と違っているのは、ただただそれらを支配する根本的な方程式が存在しないこと。仮想の中に生きれるという例えは、この時間の表現にいちばん似合っている。


 コンポを目覚ましとして使用していたのは中学生の頃で、ラヴェルの曲をかけるのは2ヶ月くらい継続した。遅刻性の私がどれだけ「夢うつつ」の状態になったか数え切れない。
 いまでもこの曲を聴くとき、頭だけが幻想の世界に没入していくような、なんともいえない感傷を受ける。断続的な風景画は、もちろんどれも現実ではなく、いつか想像の渦の中で生まれてきたものたちばかりだ。残念なことに、これらの意味を解することはできない。ただ、絵の印象そのものが湧いて出てきて、勝手に滴り落ちていくようなイメージがある。

 いま はやっているような、過去を思い起こす青春ソングとか、懐メロとかなどとは少し違う。
 億劫さや、悲しみや、めんどくささや、自分の弱いところなど、もっと色々と詰め込まれている。

 どんな言葉で例えるべきか、しばらく考えたあげく、たいしたことでもないのだからと忘却のドメインにさっさと捨てこむ、けれども異国の見知らぬ人物が死んだことを聞いたときのような、貴重なものがまた1つ確かに失われてしまったときの、かすかな胸のわだかまりを生じさせる「何か」。

 6:35

 うるさい。
 うるさい。

 私はリモコンをつかむと、電源ボタンを押して消し、不機嫌な面持ちでベッドに戻る。

 もう何も表示されていません。

【食事】
朝:抜き
昼:カップラーメン
夕:鍋
  1. 2013/01/15(火) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝つきが悪い原因は

 寝つきが悪い。
 主観的な指標で評価してるから、本当に悪いのかどうかは知りませんが、夜0時にベッドに入ると、平均して90分くらいは目を覚ましたままって感じです。
 そのあいだ、何をするでもありません。ただぼーっとして、寝たいのに寝付けない。いろいろなことで頭がいっぱいになって、どーでもいい思考で埋め尽くされてるって感じです。
 そうなった訳には、面白い理由があることに気づきました。

 小学生の頃、けっこうはやった「デジモンアドベンチャー」。
 友人の影響で好きになったアニメです。
 ゲームを買ったり、アニメをみたりするなら、まぁ普通の域を出ないと思うのですが、今の自分が振り返って奇妙に思うことは、執拗な創造欲でした。

 デジモンアドベンチャーの世界を、自分で作ってみたい。
 そう思ったのです。
 お絵かきとか、そんなものではなく、変なことに「夜寝る前、自分オリジナルのデジモンアニメを一話だけ想像する」というものでした。
 毎日、毎日、寝る前に、アニメのエピソードを一つ作るのです。頭の中で。
 新しく作るときは、もちろん前の晩で考えたことを引き継いでいきます。連続したストーリーです。
 それだけならまだしも、実は想像したことは後日、ちゃんと小説に書いておきました。小学生の書く小説なんてたかがしれてますが、それでも自分なりに大長編でした(笑)
 何せ55話は突破していましたし、物語としてもちゃんと起承転結がなっていたからです。
 地図もあり、名前もあり、敵の組織体系もありました。悪いやつらの目的は、デジタルワールド全生物の「血」を集めて、巨大なデータバンクを作り、口がぽかんと空くような「さいきょーの」デジモンを作ることでした。主人公たちは敵の基地がある日本列島によく似た「Dキー島」へ旅立ちます。今のアメリカにあたる「サーバ大陸」から、「データ海」(太平洋)を渡っていくのです。

 その小説はノートパソコンのOSをアップデートする際に、残念ながら消去してしまいました。実に悔やまれます。今でもたまに読んでみたくなるからです。その自由奔放なストーリーはどんなものだったのか。

 過去のそうした習慣が残したものはといえば、例によって寝つきが悪くなるという最悪の代物。
 子ども時代の影響はよほど深いんでしょうね。
 いま考えてみると、今まで作ってきた映像作品とか、ドミノのコースとか、そういったものもぜんぶ眠る前に想像して完成させていたように思います。

 こういうのは、果たして自分だけなのでしょうか。
 同じような経験をした人なんているんでしょうか。
 頭の中で勝手に増殖する創造物はウイルスのようです。それを具現化しなければならないような、なんともいえない不安を感じることもあります。

 1ヶ月ほど前から頭を占拠しているのは、「運命共同体」という世界です。
 ここ最近、眠る前に、考えなきゃいいのに、ふと、この物語のことを思い出して、あれやこれやと考えて寝つけません。

 主人公のAは、物騒な世の中に住んでいます。農耕が主な社会基盤をなすこの世界では、武力をもって制圧する独裁団体Wによって支配されており、毎日、近所の人が殺されてしまうというとんでもないところ。Aは唯一の正義であり、希望であり、ヒーローのようなものです。Wに対して抗い、苦しみ続ける市民を救い、平和を求めています。
 対してもう一方のBは、恐ろしいほど秩序だった平和の世界に住んでいます。過去に重力が反転してしまい、足元に広がる「空」に落下しないように構築された近未来社会では、連立国家Y政府が国を治めています。そんな中、殺人を犯し、人を騙し、者を破壊して空に落としては楽しむBは、非情な厄介者として怖れられていました。彼はこれでもかというほどの悪者なのです。
 さて、物語の軸は、別々の世界に生きるこの2人が「運命共同体」であったということ。ひょんなことから2人は邂逅し、相手を傷つけると自分も同じように傷を受けることに気づきます。
 そんで、なんちゃらかんちゃらって話です。2人の世界は未来と過去なのか、パラレルなのか。2人がそれぞれ隠し持つ信念は何なのか、そもそもなぜ2人は運命が一体となってしまっているのか。こうして伏線は張られていきます。


 バカバカしいでしょうが、こんなのが眠る前に頭を勝手に駆け巡って、どうしようもありません。こうしてブログに記録していかないとダメなんでしょうか。
 CMでぐっすり眠れる「夢る」みたいなドリンクがあったと思いますが、買ってみようかな……。

 あと、勉強を始めました。
 スケジュールをたてて、やっていきます。

 あとあと、先日書いていた3つの誓いのうち、できたのは1こだけですね。
 大学院のメールもまだ送っていません。

 喉が渇いています。ジュースのみてえ!

 以上。

【食事】
朝:ぬき
昼:おにぎり、サンドイッチ
夕:カレー。ひれかつ400g、1辛
  1. 2013/01/14(月) 23:51:55|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失恋にはヤケ食いが良い

 失恋にはヤケ食いが良いという話を本で読んだことがあります。
 原理はよく分かりませんが、悪い状況から立ち直ったり、開き直ったりするにはけっこう効果的なんだとか。人間にとって大きな欲の一つである「食欲」を満たしまくるっていうのも、精神的な向上が期待できるんですかね……?
 ところで、人間の最大の欲ってなんでしょう。生きる目的でいえば、まぁ子孫を残すのが生命の役割ですから、最も重要なのは性欲なんじゃないかとか思ってしまうんですけど……。バイオハザードでT-ウイルスに感染してしまうと、一時的な死亡状態から最も本能的な欲にしたがって体が動きだすとかいう描写がありましたが、このときもし「最も本能的な欲」が今のような……話がそれすぎました。

 別に失恋したわけではありませんが、その本の言葉を読んで以来、テストとかでたまに落ち込むときは、外食屋にいっていつもより多めにご飯を食べるというのが自分なりのその場しのぎになってるってことです。


 さて、TOEICを終えた今の心境は……。
 「(-_-)」
 
 こんな感じですね。
 以前、学校でTOEICのIPテストを受けたのですが、そのときよりもテストを終えたあとの手ごたえが数倍悪いのです。おそらく、とんでもない点数をとってしまったかもしれません。
 特に、リスニングセクションの、ピクチャーが終わって、短い質問に対して適切な答えを選ぶやつも終わって、その次にくるPartIII とPartIVがぜんぜん分かりませんでした。大げさではなく、「一問も」です。

 まず、何をしゃべっているのか分からない。ただの唇が触れ合う人間の声が、無意味な音楽のように聞こえて、意味をとれません。
 設問のうちたった一問にしぼって聞こうと思っても無駄でした。問題文の意味も分からなかったからです。まさかここにきて難読状態が勃発したのか?! と焦ってしまうほどでした。

 後から考えたんですけど、いろいろと敗因はありました。
 まず、朝ごはんも昼ごはんも食べずに試験に挑んだことですかね。空腹すぎて頭が回らず、ほとんど脳細胞が機能していなかったんじゃないかと疑われます。
 あと、スピーカーからの音が若干割れていた? かな。
 自分はテレビを見るとき、換気扇の音が鳴っているとそれだけで全くテレビの音が聞こえなくなるくらい、雑音には敏感です。スピーカーの割れ音が集中を妨げてしまったのかもしれません……こればっかりはどうしようもありませんが。音的にアンプの能力不足らしかったようで、試験前の調整でなんとかなる問題じゃないでしょうから。

 前日に書いたとおり、今回はナメて試験に挑みました。
 中学一年の生意気な頃を思い出しました。
 何にも分からないので、ばかばかしくなって、さっさと退出しようかとも考えたほどですから(笑)

 しかし結果は真摯に受け取らないといけませんね。1ヵ月後の記事に何と書かれることやら。
 次の試験日は3月17日です。今日からスケジュールをたてて、期末の試験とうまく折り合いをつけながら勉強していくようにします。

 久しぶりにふざけたから、今度は真面目にやります、はい……。


 ところで、映画を2本借りてきました。
 ポケモンのケルディオのやつとトータル・リコールっていう記憶がなんちゃらってやつです。

 ケルディオは以前いとこと一緒に映画館で見たので、見直しという形になります。主人公の彼は良いですね。嘘をついたり、怖気ついたり、マイナスな面が多くありますが、それがいかにも本当の子どもっぽくて、こちらとしても暖かく見守るというような、そんな面持ちで観賞しました。失敗にリベンジという段階で、彼が立ち直る場面はカットされてますが、そのシーンは挫折と再起を経験した者にしか補間できないってやつでしょう。
 いずれにしろ、元気付けられました。角が折れたらまた生やしちゃえばいいんですね。

 トータル・リコールは以前シュワさまがやったのをリメイクしたやつらしいです。
 これは正統派SFってやつですね。綿密に描きこまれた未来の世界。常識が当てはまらないこの世界では、ただ画面を見ているだけでも楽しめます。非日常を体験するツアー参加者のような面持ちで。だってヒトの記憶を操作できるってだけでもものすごいのに、そのあと普通に地球の内部をエレベーターが貫通してるシーンが出てくるんですよ……。乗客みんな地下鉄みたいな感じで乗ってるし(笑)他にもいろいろ度肝を抜く演出だらけ。
 ちなみに自分は記憶をいじろうとは思いません。もう十分ドラマチックなので。


 今日は夜食をめっちゃしたのでお腹が死んでます。
 以上。

【食事】
朝:栄養ドリンク1本
昼:抜き
夕:抜き
夜:赤飯、カレーうどん、お菓子

  1. 2013/01/13(日) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の追い込みはしない

たまに、思い切り失望してしまう事態が起きる。自分に対して。
世界で一番身近な生命体なのに、未だにその実態がつかめないというような、変な気分。

私は、ふつう人が焦って当然であろう事態に陥っても、ぜったいに事を急ぐことはないという、アホのような習性がある。
例えば、朝の起床なんかがいい例だ。いつもは7時に起きなければならないのに、今日、ハッとして時計を見たら8時30分だった、というような場合。普通の人は急いで飛び起きて朝の支度を大急ぎでして、さっさと家から飛び出すのであろうが、私にはそんな記憶がほとんどない。いつも2度寝する。コトン、と睡魔に負けてまた眠りに落ちるのではなく、「悪いと知りながら、恣意的に」睡眠を行うのである。
結果、呆れるほど遅刻が積み重なってしまい、一回は留年の危機を迎えた。何度も戒めようと思ったのだが、なかなか治らない。既に社会人になってしまった同胞の目からすると、なんとふざけたことなのだろうと一笑に付されるのは間違いない。何も誇示するわけでない、ただ、この癖がのちもずっと続いてしまうとどうなるか、嫌という程怖がっているのは自分自身なのだから。

明日、TOEICの試験がある。進学に影響するとても大切な試験だ。
ところが、その試験を目前に控えている今日という日に私は英語の勉強を1分たりとてしなかった。例の悪い習性がはたらいているのかもしれない。試験がどれだけ重要なのかは分かっているつもりである。それでも、私は「悪いと知りながら、恣意的に」勉強をしなかった。

自分の管理というものがまだできていない……すなわちお子様である。
いや、もしかしたらもっとたちの悪いものかもしれない。
自分をいじめるのが好きなのだろうか。

そういえば、ある面白い話を思い出した。
『人を傷つける、または元気づける言葉』について論じられた本で、iPadのアプリを介し電子書籍として読んだものである。
これによると、"人は不幸を望んでしまう生き物"だということらしい。読んだだけではぱっとせず、よく分からないのだが、いわゆる「被害者ぶる」とか、幸せ過ぎるときに不意に悪い状態になってしまう不安を抱いたりだとか、そういった類のものだったかと思う。不幸好きな人は常に嘆きの沼の底にはまり込んでしまっているので、周囲に対して不平不満のガスを撒き散らす。それらは泡となって沼の表面でぶつぶつ弾け、不快極まりない。しかし、その人は沼から出てこようとはしない。そうしているのが妙に心地いいからである。

私もその沼にどっぷりと浸かっているのかもしれない。
自我を甘やかしているのだ。
恣意的に勉強しないため、「ああ、私はお勉強もできないおバカな子である。なんて不幸なんだろう」と存分に不幸の味を楽しむことができる。すると、色々と都合のいいことが起きる。例えば、試験で点数をとれなかったとしても、悲しむ必要はない。だって不幸だったのだから。がんばったのに成果が出ないのではないかという恐怖と、それに伴う精神的な打撃を、うまく緩和する自然的なReactionなのであろう。

これはこれで納得のいく結論だ。
ある事情から、小学生時代に色々と精神的な負担がかかることがよくあったため、ずる賢い私の脳漿からぼとりと落ちてきた言い訳のプロセス書きに、こうしためんどくさい自然反応が刷り込まれていたとしても別に不思議とは思わない。

問題なのは、これからどうするか、である。
ひとまずナメてかかってやろう。

勉強せずともTOEICなんて楽勝である。
そう信じ込ませるのだ。

そうして、とんでもない試験結果が帰ってきたときに、自分がどういう反応をみるかを観察すればいい。
今回は、この覚書があるから大丈夫だろう。数ヶ月後の自分が運良くこれを見返してみて、またもや不幸の沼にとっぷりと浸かろうとするのを押しとどめることができれば良いと思う。

さて、そろそろ寝よう、
明日の朝も普通にごろごろして起きる。
直前のたたきこみも、絶対にしまい。


【食事】
朝:抜き
昼:ジョイフルランチ
夕:お茶漬け、おかき
  1. 2013/01/12(土) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金曜日

数学のテストが帰ってきました。90というギリAA評価に食い込みました。やけど前期の分がちょっと悪いから、たぶん平均はもうちょっと下がってしまうかもしれません。

ドミノ計画も順調に進んでいます。今週末にはイベントのロゴが出来上がるかと思います(笑)
そういや、渡邉が昼に学校に来て、ドミノイベントの出資をしてくれました。さすが社会人は違いますね。

物理のSAも問題なく終えました。

全体的に、普通の金曜日だったと思いますw

というか、これを書いているのが次の日の朝なので、思い出せないだけかもしれません。
やっぱ日記みたいなもんはその日の夜に書かないと、いけんものらしいですね……w

【食事】
朝:抜き
昼:ビッグマックセット
夜:ココイチのカレー。フライドチキン2辛400g
  1. 2013/01/11(金) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Project-1Dの始動

 なんと、まぁ。
 学校は補講日で休日扱い。朝からごろごろしてご飯もろくに食べず、ゲーム2時間、映画2時間、勉強1時間、そのほかは睡眠というとんでもない生活様式。
 英語の勉強をはじめたんですけど、TOEICテストが13日なので、もはや間に合うかどうか分からない。というか、明日のSAの準備してない!! 朝早くから登校して準備しなければ。
 朝にきっちり目覚めとかないと、1日が台無しになるんやなーとは思うんやけど、やっぱおきれないんだよなぁ。休日をびしっと決めた日なんて、今まで数えるほどしかないような気が(笑)


 さて、朝10時起床。
 貴志祐介の「黒い家」という小説の残り半分を一気に読む。こえー物語やった;

 12時。階下におりてお菓子食べるというニート生活。あ、カップラーメンも食べる。

 それから2時間ゲーム。「インベーダー インフィニティー ジーン」。オレ的には神ゲー。音楽とかも超いい。サントラ買ったし。

 んで映画鑑賞。「千と千尋の神隠し」。これ、映像がなんか赤っぽいので、色あいと色温度を適切に調節して観賞。先日の「ハウルの動く城」と同様、けっこう感動。
 なんか日本の八百万の神様とか、そういったのには愛着がわくもんやね。
 お気に入りのシーンは、あっちの世界へ行ってしまう電車のとこ。いつか自分もあの電車に乗っていくんやろうか、とか、今まで亡くなったじいちゃんやらばあちゃんやらもこの駅で降りていったんやろうか、とか思うとしんみりくる。

 しかし、いずれにしろそんな電車に乗るのはまだ先の話。
 いまはまだ、目先のことをさっさとやらねばならない。

 というわけでいやいやながら英語の勉強。
 ……なんか接続詞とかの法則を勉強した(あいまい)

 風呂。
 最近シャワーからの水圧がとても低い。おそらく給湯器のストリーナーが目詰まりしている、と予想。当初はイライラしたものの、湯船の湯を洗面器でぶっかけると案外なんとかなるものであることを今日、知った。やっぱり、知恵があればなんだって解決するんやな、と思った。

 そして夜10時。
 Project-1Dを宣言。
 ドミノ倒しやります。

 日にちも決まり、メンバーへの連絡も開始。
 今回はドミノ牌もレンタルするため、お金が必要。しかし、参加者が増えれば増えるほど規模が大きくなるという仕組みなので、楽しさも倍増するかと。
 3年前に実行したProject-Tの傘下のProject-T-Dでは、タッキー(恩師)に送るDVDの中のおまけムービー作成として、ドミノ倒しを実行。総数4200個以上、参加者10人前後でした。
 メンバーはもちろん、過去の経験者からスカウトしていくのですが、やっぱり社会人になったり、県外に出て行く人も多く、集まるのはなかなか難しいとのことで。ちょっと残念です。
 それでも、なんとか現在、参加表明者は8人。目標人数のボーダーラインは突破できました。

 あ、目標人数はドミノ牌の可能レンタル数で決まるのです。
 Project-1Dの「1」は「1万」の1で、今回はドミノ牌10000個規模のイベントをやるって意味です。過去の2.5倍規模ですし、大概のドミノイベントは350人で30万個とかですから、そこらの大イベントと1人あたりの負担は同じ。
 1人1000個並べろといわれるときつそうですが、時間に換算すると18秒に1個並べていけば間に合うので、なんとかなるかな、と。(6時間、途中休憩1時間と計算)。
 今はこんな風にコスト計算とリスク計算の段階なので、具体的なコース設計とかは2月後半からやっていく感じ。

 ちょーわくわくします(笑)
 10000クラスのドミノ倒しとなると、個人イベントではなかなか実現できない数値なので。
 自分のノウハウ、総動員で挑もうと思います。映像、BGM、その他いろいろしかりです。

 よっしゃ、がんばろ!!


 ……その前に、あと4ページ英語勉強しなきゃならんのやった;
 勉強しよ。

【食事】
朝:抜き
昼:カップラーメン、お菓子
夕:お茶漬け、イワシ2尾
  1. 2013/01/10(木) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午後型人間

午後型人間。
夕方3時ごろからなんだか調子が出てくるタイプの人間だ。
たぶん、俺はこのタイプに分類されるんじゃないかと思う。

さて、本日は7時20分起床。遅刻することなく学校へ。

一時間目、水環境工学。
先生が前でスライドを参照しながらしゃべるだけなので、かなり眠い教科である。ぼーっと他のことを考えていたりした。
ボンベの話くらいしか覚えてないや。工事現場とかでみかけるガスボンベは、危険度の高いものには色がつけられているということらしい。赤は爆発性の水素ガス、黄色は有毒の塩素ガス、青が……たしか……可燃性の酸素、あと二酸化炭素があったけど色が緑やったっけ? ネズミ色のよくあるやつは「その他」に分類されるらしい。プロパンとか。

二時限目、チューリングマシン。
ATM問題に帰着させることでチューリングマシンにおける非決定性の証明をずらずらと……。今期いちばんやばい教科。これテスト大丈夫かな……。
この授業受けるといっつも自分の論理力のなさを痛感してしまう。というか、読解力が低い? 文章を何度読んでも意味がわからない箇所がいくつもあった。
けど小テストはたぶん大丈夫やと思う。

その後、研究室。
後輩のO君のために動画をエンコード。Motionの書き出し段階でH.264コーデックに直してから、変換ソフトでロスレスRAW型のAVIファイルにするとうまくいくことが分かった。ただ、動画の右端に現れるグリーンの帯のバグは未だ分からない。動画のフォーマットが悪さをしていると予想するが、FPSの問題ではなかった……。

15:00。物理のSA。
5人中3人受講。このSAはやりやすい。少人数やし、自分のペースで授業を進めることができる。
なんかよく分からんとこが一問だけあったけど、あとは大体いけたかな。
終わったあと、1時間ほどみんなど雑談。電気回路の鬼門(取っ手がついた回路でテブナンの定理??)、留年危機とかいろいろ。
みんな頑張れよ。

その後、研究の過程で作ってる、任意分布に従った乱数発生器のプログラミングが上手くいきだし、夜10時までずっとやってた。なんとか要求を満たすものは完成。あとは最終テストをなんどかやって、実際に使ってみるだけ。

しみけんとフジをドミノに誘ってみた。しみけんは3月15日あとのモチベーションによるとのこと。フジは反応が微妙やった。
ドミノイベントのスカウト表をつくらんといかん。目標は俺以外に11人のメンバーを揃えること……。果たして参加してくれるんやろうか(笑)


【食事】
朝:セブイレ。大サイズの飲むヨーグルト
昼:和のピリマヨ弁当。おそうさいサービスしてくれた
夕:グラタンと梅おにぎり。久しぶりの炭酸ジュース
  1. 2013/01/09(水) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年初登校

 正確には初ではない。今年2回目。

 初日から遅刻せずになんとか登校することができました。
 iPhoneに「スマ保」なるアプリをダウンロードして、ドライブレコーダーとして活用を始めました。電池があっという間に減るんですがレコーダー機能はまぁまぁいけます。ただ、運転の採点が厳しすぎて、すぐ急ブレーキだとかカーブ曲がるときGがきつすぎるとか言われます。願わくば、これが役に立つことはないまま日々が過ぎることを祈るばかりですが……。

 一時間目。生体情報工学。眠い。
 Σの使い方って説明されると納得がいくんだけどいざ自分で式に組み込もうとするといつも?ってなる。
 遅刻したぶんのノートを誰かから写さなければならないのだが、未だにやってない。

 二時間目。非線形システム。ちょっと眠い。
 カオス理論の玄関を覗き見した感じ。これ範囲広いけど、テスト大丈夫か……?
 先生が背伸びをしただけで高い位置にあった時計を外した。そういや今日は時計が5時30分をさしたまま止まっていたんだった。

 昼。物理SAの日にちを印刷。
 4Sの教室なんかこわ。知らない人多すぎるっていうのもあるけど。そそくさと退散。
 次の時間の英語の単語勉強をちょっとやる。

 三時限目。英語。
 小テストはなんとかできた。cherishの日本語訳が分からず、10問目に出題されないかどうかヒヤヒヤしたが、出題されず。ってか、今「quit」を「qwit」と勘違いしてないかどうかヒヤッとしたけど、間違えてなかった。なんで小テストごときでこんなヒヤヒヤするのかというと、今までずっと満点を維持しているからであります。
 Show&Tellをやった。クラシックとジャズの違いを説明してみた。けっこうてんぱって不発に終わった感じ。なんか質疑応答もぐだぐだだった。
 ま、吃音がかなり治ってるからいっか。国語の音読もろくに出来なかった小学、中学のころの自分からしたら立派なもんである。

 四時限目。特研。
 研究スケジュールを建て直し。任意分布に従う乱数発生器の仕様書を完成させる。
 物理SAの勉強も少しだけしたが、回答を眺めただけ……。追認をとれていないのはあと5人。次のテストで落ちれば即留年決定。SAくらい受けにこいよ。頼むで。

 8時帰宅。
 英語の勉強ができなかったのが無念。
 やはり、テスト期間でなくても毎日のスケジュールをきっちりとやっておくべきなのだろうか。ちょっと一考の価値ありだと思う。何せあのスケジュールには毎回、テストのたびに助けられている。過去問なくても余裕で単位とれる。S先生の教科を除く。

 ドミノ倒しめっちゃやりたい。
 10人くらいでやりたい。tinに相談したら快い反応を返してくれた。なんかやる気でる。
 3月下旬。やってみたい。

 願わくば10万レベルのドミノ大会もやってみたい……幻となって消えたSスポのように、各学年のコミュニケーションをとる目的とか言いながら。
 そんな妄想をするのが大好きです(笑)。

 バカやってないで、今日は早く寝ます。


【食事】
朝:サンドイッチ。ハムサラダ、ハムたまご、ツナ
昼:カロリーメイト チョコ2本チーズ2本 + キットカット3袋
夕:実験室にて。cocoのレンジでつくるビビンバ + カレーパン
  1. 2013/01/08(火) 23:38:09|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Lazy Day (Generally)

 1月5日にドミノ倒しを久しぶりにやってみると、意外に面白かった。結果は失敗に終わったものの、それが次への創作意欲をわきたてる。春休みに大掛かりなドミノ倒しでも計画しようか。Project-Tのときに学校のみんなでドミノを作ったように、ね。あのときは、なかなか楽しかった。結果はかなり残念なことになってしまったのだけれども。
 いま考えているのは、「1万への挑戦」。ドミノ協会さんからドミノを6000個ほど借りて、自分の持っているドミノ牌と合わせて10000個の大規模なドミノ倒しに挑戦しようというもの。10人ほど集まれば、一人1500円くらいで参加できるから、ちょっとした飲み会と同じくらいの出費で参加できる。
 ま、どうなるかは分からない。ゆっくり考えておこう。


 さて、今日は10時起床。学校は明日からなので、自分の正月休みの最終日である。
 ずーっとごろごろしてました(笑)
 けどだいぶ蓄膿のような鼻炎はおさまりつつあります。というか、今まで飲んでいた鼻炎薬の使用期限が1年前に切れていることが判明し、愕然としました……。別にからだはなんともありませんが、勘弁してほしいものです。
 昼過ぎにお風呂に入り、しばらくぶりにピアノを演奏する。軽音楽部の後輩たちとPV作成を約束しているSOILの曲、破片、Avalanche、SAHARAを弾いてみる。とっても久しぶりなのでうまく弾けない。というか、リズムこれであってんのか? 時間があればMAXと合わせてみたいな、と思った。やっぱり、率直な意見とか感想とかは同年代の仲間にしか聞けないしね……。
 ピアノでハウルの城の音楽を弾いていたら、映画がみたくなったものだから、すぐに部屋にあがって観賞。うむ、面白い。感動した。んで、インターネットのサイトで解説を読むと、さらに納得できた。ソフィーさんは魔法が使えてたとは、知らなかった。

 映画を見た後の余韻にひたりながら、やる気がおきずにまたごろごろ。
 そうしているうちに5時。
 そろそろやばいと思ってベッドから起きあがり、生体情報工学の課題をやる。夕飯、風呂をはさんでようやく終えて、英単語の勉強も終える。

 正直、力が入りすぎているのでは? と疑問に思う。
 自分はこのあいだ、学校での成績でGPAにおいて1位を獲得した。今までとったことのない成績である。以前、ネットで知り合ったLさんという成績優秀な方がいたが、彼の話の中で、成績が良くなればなるほど大きくなっていくプレッシャーのようなものに押され、不安のような、責任感のような、とにかく落ち着かないものがあるということを聞いた。
 そのプレッシャーのようなものが何なのか、ようやく分かりかけている気がする。
 周囲の友達の反応、親の反応、そして自分の反応。
 その全てが、暗黙のうちに「落ちてはならない」ことを命令しているように感じられる。前は1番だった。それならば次も1番であるはずだ。心の中でそうした言葉がうずまいていて、焦ってしまう。頭の中であれもやらなきゃ、これもやらなきゃと漠然とした「目標」ばかりが立ち並んで、どれから手をつけていいかわからない。もしかしたら、そのせいで手をつけなければならないものも見失っているのかもしれない。現に、いまだにどの大学院に絞るかも決められていないではないか。

 力を抜くべきか。
 別に1番になる必要はないのである。
 ただ、今までどおりに努力すればいいだけの話。
 過去にも、未来にも押しつぶされなければ、とりあえずはうまくいくような気がする。
 めんどくさがる前に、ここで誓っていたほうがいいのだろうか。


 志望先を決めます。教授にメールを送ります。
 TOEICに向けてがんばります。最後の追い込みを行います。
 行き詰まった研究のスケジュール建て直しを図ります。


 これだけではだめだ。期限を設けなければ。

 1月13日までに、上の3つをやりとげます。

 以上、誓います。

【食事】
朝:抜き
昼:チョコレート菓子
夕:セブイレの暖かい蕎麦、鶏肉のサラダ

※ 無性にヨーグルトが食べたい。子どもの絵がのってるやつ。
  1. 2013/01/07(月) 23:43:48|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蓄膿症?

 軽い頭痛、慢性的な鼻炎。
 思い当たるのは蓄膿症? 以前にも花粉が飛んでいない、かつマスクもしっかりしているのに鼻水が止まらない症状に悩まされたことがありました。今回もたぶん同じようなやつでしょう。薬を飲んだらかなり緩和されたので、それほど重症でもないようです。
 しかし、眉間のあたりが重たく、ぼーっとします。頭も回らないので、まるで外の世界から切り離されたような、奇妙な感覚を味わっています。何にもする気が起きません。

 さて、今日は8時30分起床。
 前日から泊まっている、従兄弟とごっちゃん(従兄弟の友達)を起こしてあげる。朝の独特な鈍重な感じになっているらしく、二人とも眠そうな顔。
 自分はというと、蓄膿っぽい症状がひどく、鼻がずるずるして頭も重たいので、彼らに少しいらつくこともあった。でも彼らとふざけて話しているうちに、元気をもらいました。サンクス。
 従兄弟の母親が「朝10時までに帰ること」と勅令を出していたことを知り、朝9時45分くらいにクルマで彼らを送ってあげる。ごっちゃんの家は意外にすぐ近い場所にあった。E川の一方通行帯で、40m道路方面から家に向かう途中、クルマが微妙に飛び出して駐車している何かの会社の営業所があるのだが、その営業所のすぐ隣がごっちゃんの家だった。ごっちゃん送迎後、従兄弟を家まで送って帰る。

 自分の部屋に戻ると、彼らがいなくなったことによる一種の開放感と、寂しさを同時に感じる。彼らが寝ていた布団はいまだにカーペットの上で山状にぐしゃぐしゃに置いてある。
 鼻炎がひどかったので、遠慮することなく自分のベッドで昼寝した。10時から昼1時すぎまで。

 いつまでも寝たかったが、そうはいかない。今日は研究室の後輩O君の面倒を見る約束の日である。午後2時過ぎに学校に到着。I科棟の前に駐車してあるプリウスをみて、Ok教授が今日も来ていることに驚愕する。そのクルマを眺めながら、自分がまったく研究をしていないことに焦燥感を感じる。いまだに中間発表以来の進展はない。今後もどうするべきかの予定も立てていない。そういや、1月13日のTOEICの試験勉強もやっていない(受験票どっかにやったかも)。単語も終わっていない。勉強もやっていない……。反省点多すぎだろ。
 クルマの中のカーナビでダウンタウン内村が司会するどっきり作戦をしばらく見て、I科棟へ入る。後輩はまだ来ていない。またもや少し寂しい気分になりながら自分のPCを立ち上げる。やる気ゼロ。なんとなく任意分布に従った乱数生成方法について少しだけ考察しただけである。

 後輩は午後2時30分くらいに到着。平均化画像を動画にするプログラム作成を手伝う。しかし、最後の最後で出力される動画のフォーマットがうまくいかないらしく、閲覧できない。結局、waitKeyとimshowによる間接的なウィンドウからのストリーム表示によって結果動画を見る。けっこううまくいっている。
 ただ、O君のプログラム力がほとんどついていないことに懸念を感じる。プログラム全体の流れがまだつかめていないらしい。結果は出るようになったものの、毎週木(金)曜日の定例報告会で先生から質問がでた際、ちゃんと答えられるかどうか不安である。O君は少し内向的な性格であまりはきはきと意見を言わないため、先生の質問に答えず、とても過ごしにくい沈黙の時間が5〜10分も続くことがある。もちろん、先生はぴりぴりするわけだし、いたたまれない状況に……。
 プログラムのフローをつかませるために、プログラムにコメントをつけることを勧め、自分はそうそうに帰宅。怠け者ですいません……。眉間の頭痛がかなりひどくなったためです。

 帰ってきてからは、またぼーっとし続ける。ナンプレをしても、1問で疲れてしまう。気晴らしに読み始めた貴志祐介作「黒い家」の物語に引き込まれ、80ページほど読んで今に至る。

 休日はあと1日。
 生体情報工学の課題を終わらせておかなければならないだろう。

 しかし、健康をお願いした尺間神社以来、ずっと鼻炎が続くともなると、何か悪いことでもしたか? と不安になってしまう(笑)。思い当たることはいろいろあるが。境内内で他人にみとれたり、国道10号線の端から石を蹴落として遊んだり……。
 それでも、傲慢な自分は尺間神社の肌守りと学業成就・交通安全のお守りを持ち歩くことにした。前者はズボンのポケットに、後者を携帯電話のストラップとして常に持ち歩けるようにしている。

 帰り道際、カーナビのテレビで見た「LOOPER(ルーパー)」というSF映画が気になった。1月12日公開ということらしい。またもや13日のTOEICを思い出してげんなりしたが、映画は面白そうである。誰かと見に行こうか?

 以上。

【食事】
朝:抜き
昼:馬力屋ラーメン。中カタ農園SP、疲労回復の念をこめてにんにく2さじ
夕:抜き。食欲なし。
  1. 2013/01/06(日) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MyDominoDay006

 MyDominoDayシリーズの006をいとこと創作。
 いとこの友達、通称「ごっちゃん」と一緒に、過去最多の参加人数となる3人でドミノ倒しをプレイ。
 使った牌の数はおそらく1000前後かと。歴代のシリーズに比べると少なめ。スタート時間が午後3時近かったというのもありますしね。

 結果は惨敗……w
 ふつうのドミノレーンのところでもミスが続発し、うまく倒れてくれませんでした。
 それどころか、机の上からドミノがダイブする際に牌の1つが遠くへすべりおちてゴール直前のラインにぶつかり、勝手にスキップして倒れていってしまうというハプニングも発生。

 やはり小学6年生にドミノ倒しはきついかな。
 まあ2時間前後も集中しろというほうが厳しすぎたかもしれませんが。

 ドミノが止まったときに映る「失敗画像」を、今いとこらが制作したのですが、かなりふざけすぎて使えるかどうかが微妙です……。
 006は欠番になりそう。
 ってか、一回欠番になったドミノ倒しが前にありました(映像も消してしまって幻となっています)。

 なんとか記念になるくらいの動画には仕上げます。

 いとことごっちゃんとは楽しく過ごせました。一緒に温泉にも行きました。
 2013年度で中学生になる二人。いろいろなことに興味を持ち始めているようです。
 中学校ではいいことも悪いこともいろいろ起きるかと思うけれど、めげずにがんばれ! と応援したくなりました。

 以上。

【食事】
朝:抜き
昼:お茶漬け
夕:ココイチのカレー。豚しゃぶ3辛
  1. 2013/01/05(土) 23:10:07|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尺間神社

 朝7時30分起床。
 久しぶりにこんな早くに起きた理由は、尺間神社への参拝のためです。
 自宅からクルマで1時間30分程度の場所にあるこの神社は、山の峰のてっぺんに建てられている神社で、わが県内でも有名な場所。特に学業関係についての誓いをたてる場所としては、すぐに名が挙がる神社です。

 1月5日は「千日まいり」といって、その日に参拝すると千日ご加護があるというこの神社に、なぜ1月4日に出かけたのか。理由は天気と時間。5日は大雨なのできれいな景色が拝めません。また、父が大阪へ帰ってしまうのが4日なため、一緒に旅行するためにはどうしても4日の午前しかなかったのです。

 尺間神社をめざして、俺、父、いとこ(前日の記事参照。小3? のMは朝起きれなかったらしい)の3人で出発。
 出発早々、交差点で事故っている現場に遭遇する。クルマの破片が散らばるくらいの事故。状況的にみていましがた起きたような感じ。それを見て、自分がアクアを運転すると保険がおりないことを思い出し、あわててスピードダウンする。保険おりない、小学生のいとこが乗ってる、参拝にいく途中、という3拍子がそろえば、ゆっくり走行するしかない。
 大分県はほんとうにクルマのマナーが悪い場所。制限50キロの山道を65キロで走行しても後ろにクルマがいっぱいくっつく。けっこう気になりますが、焦らず走行します。こういうのは気の持ちよう。いろいろな言い訳や自分をなだめる言葉をかけて、速度をあげないようにする。最近のこだわりは「日本人の血」。もともと日本人は礼儀や空白の時間のような、静謐を重んじるといいますか、そういった文化を持ちます。クルマをすごい速度で走らせる人はそうした血が薄いのなんの、とかいう言い訳をしてマイペースに安全運転するのです。……でも、もっと気持ちよく走行できるようになんないかな。

 走行中、「シートベルトを着用しよう」の看板を手にし、X字型で直立しているのっぺらぼうの木の看板を目にし、そいつが追いかけてくるというネタでいとことずーっと盛り上がる。

 さて尺間神社に到着。
 この神社、前述のように山の頂上にあるため、山登りしなければなりません。
 コースは2つ。

 ・階段100段コース
 ・階段400段コース

 さて、自分たちは400段コースを目指していたのですが、駐車場を間違えて100段コースに入りました。
 少し残念な気分で神社を目指します。

 ところが。

 100段コースの道は、まず急峻で切り立った山道を昇らなければなりません。300、400段ほど階段があるのですが、実はこの階段たちは「100段コース」の「100段」ではなかったのです。
 20分ばかし息を切らして山を登り終えたかと思えば、神社にたどり着くまでにさらに100段の階段があるという……。参拝の帰りには400段コースを通りましたが、正直、100段コースのほうもきっついです(400段コースは階段までに整備が行き届いていますが、100段コースは荒削りの山道という感じ)。

 運動不足の足を動かして、ぜぇぜぇいいながら登り終えると、そこは絶景。佐賀関半島から阿蘇外輪山まで見渡せます。天気のよい1月4日を選んで正解でした。空気も澄んでいて最高です。
 本殿に参拝。小銭がなく、申し訳ないですがお賽銭箱には1円玉を投入……。後ろ髪をひかれる思いがするのですぐ近くのおみくじに100円を投入しておみくじを引きました。
 また、5回回って願うと願いが叶う? という天狗さまにも参拝。どうか健康でいられますよう……と願いました。
 お守りも2つ購入。

 尺間神社を後にします。帰りは400段コースを通ることに。父といとことわいわい騒ぎながら階段を下り、国道10号線に出る。100段コースと400段コースにおける駐車場はかなり離れているため、国道をさらに40分ばかし歩く。
 良い運動になりました。

 クルマで出発、そのまま大分駅へ。父とはそこでお別れ。またゴールデンウィークか、夏休みまで会えません。

 いま現在、鼻水がでてのどの痛みも少しあります。
 尺間神社で健康を祈ったはいいのですが、山の頂上の寒さに耐えれず体がダウンした模様(苦笑)。健康の大事さを身をもって痛感するとは、ね。

 それでは、おやすみなさい。

【食事】
朝:コンビニのパン。ホットドックのようなもの
昼:く〜たラーメン。温玉ミソ + おにぎり + 餃子4ヶ
夜:セブンイレブン。カレー + 野菜
めずらしく1日3食生活。
  1. 2013/01/04(金) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大在へ。

 朝から父と母はピリピリムード。
 いろいろネガティブな状況になってしまったが、午後6時からの大在での集いで好転することになる。

 大在の集いでは母の妹の家系も来て一緒にご飯を食べる。その家系には5歳、小3? 小6のいとこがおり、非常ににぎやか。
 俺と父は子供好きなので、終始彼らと遊び続けた。いやー、元気をもらった。カードゲームなどを通じて子供のように遊びました。母の妹の夫は元野球部で、体育会系。なかなか話す機会がないのですが、今日はお酒をついでもらって少し話を聞けました。なんでもクルマをぶつけられて事故ってしまったとか。母の妹は肝臓が悪く(毎日お酒を1.5リットル!)、医者から忠告を受けたとか。慢性的なアルコール摂取はやっぱ体に悪いらしいな。

 料理は豪華。お寿司、お雑煮、おせち、ビールに日本酒。
 お寿司はあんまり食べれなかった。でも日本酒をけっこういただいた。そのために今は少し酔っぱらっている。

 明日は父が14時に帰ってしまうため、朝から尺間神社にいく予定にしたのですが、一緒にそれに行きたい! と声をあげるいとこたち。父も快諾、わいわい賑やかに尺間神社を目指すことになりました。やはり参拝に向けて動けば運がどんどん良くなるのでしょうか。

 大在の実家から帰り、父と一緒に温泉に行く。もちろん、両者ともお酒が入っているので徒歩です。
 温泉についたのが22:30。が、正月は22:00まで。
 ところがReceptionのおじいちゃんが優しく「いいですよ」と入れてくれました。

 貸し切り状態!!
 なんという運のよさ。ロッカー前にいたお客さん(お風呂に入り終わり、出ようとしてた)と、湯に入る前に少し雑談して、お風呂へ入る。
 小学生のころ、今は亡き母方の祖父と一緒によくここに来たことを思い出しながら、湯船で泳ぎ回りました。
 温泉から出るとき、Receptionのおじいちゃんがナンプレをしていたので、それに俺が気づいて雑談。自分もナンプレをしている身なので、声をかけずにはいられなかったのです。80前後のおじいちゃんがナンプレにがんばっているのには少しびっくりしました。

 その後、家に帰って、お酒のせいでおなかをすかしている父のためにお茶漬けをつくり、今に至ります。

 明日は朝8時出発です。
 寝坊しないように今日は早めに寝ます。

【食事】
朝:抜き
昼:マック。ダブルチーズバーガーセット + チキンナゲット
夜:お寿司、お雑煮、おせち、お菓子
  1. 2013/01/03(木) 23:51:54|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別府へ。

 本日は別府に住んでいる父方の祖父のところへ顔を出す日でした。
 朝10時出発。しかし父以外の家族は9時50分まで寝ており、安定の遅刻。母と妹が別行動で後から現地集合という話になりました。どうにかして父から離れようとする母。離婚しているからしょうがないといえばしょうがない。今時の家族は、どこもこんなものか。

 昨年に福袋で買った京都の飴(通販)をお土産に祖父の家に赴く。まずは亡くなった祖母のお墓参り。父の姉にあたる家系はキリスト教に属しているため、イエス様へのお祈りが行われる。ちなみに自分たちは普通の仏教? 葬式にはお坊さんが来て南無阿弥陀仏と唱えます。

 ご飯。
 中部中学校近くの「百膳の夢」という場所。お年玉をもらう。父の姉の夫さんから金3000円也、父から5000円也。不景気ということで金額は毎年現象傾向。ていうか21歳にもなってお年玉もらうってどうなの? そういえば祖父からは貰わなかった。株で一儲けするはずが、第2次安倍政権による株価変動のせいでお金がないとのこと。
 ん?
 昨年もなんだかんだいってたような気がする。妹には数十万のお祝いをあげるといっていたのに、その欠片もございません。……不景気だね。ウソもつきたくなるんだろうか。いや本当かもしれないのに疑うのはよくない。
 ってか、経済の安倍現象くらいは予期してくれ><

 しかし、
 なんでこうもお金が好きな家系なんだ。

 あらがってきたつもりだけど、やはり俺も金が好き。認めざるを得ない。直そうと努力はしているつもりだけど……。
 人生で1番大切なのはお金なのか? そうは思わない。個人的な「大切なものランキング」は以下の通り。

 (1) 時間
 (2) 時間をお金に変えるスキル
 (3) 世渡りのスキル

 愛やら金やらは上記3つの副次的なものに過ぎないという自論。数年後にどう変動するかは分からないランキングなんだけど。

 百膳の夢で「夢なんたらコース 3000円也」をいただく。めっちゃおいしい。刺身やらステーキやら、お寿司まで。湯葉もいただいた。
 その過程でお土産交換。父はインスタントカレーやらクラッカーやら。父の姉の家系からはクリスマスプレゼントやチョコレートのお菓子を貰う。
 俺が飴をあげるとき、母が「わたしの金だから」と想定内の発言。毎年なんにもお土産を買わないのはよくないので、俺が母の金で土産を買って渡せば良い。そうすれば土産も交換できるし、母は「金」を理由に割り込むことができる。回りくどい道だが、ひとつひとつ改善していかねばならないと感じる。
 そういえば、トヨタアクアの話題になったとき、父が皮肉まじりに「オレが金を払って家族が乗っている」と言った。母は急いで「払っているのは半分だけで」と提言。
 これだけお金を吸い上げているのだもの。父もさぞかし不満がたまっているのではないか。将来に一抹の不安を感じる。

 「百膳の夢」食事中は話が弾む。お酒も入って上機嫌(キリスト教であるからなのか、父の姉の家系はお酒は飲まず)。Kくんはメカトロニクス専門、某県内O大学院を目指しているらしく、いろいろと会話できた。Hちゃんとは席が離れていて会話できず。
 父曰く「今の若いやつらは辞める人が多い。有名大学出身者でも全く使えない」。対し自論「不景気の中、親世代が高学歴に飢えて子供を育てた。そのために頭でっかちのプライドだけが強い若者が量産された」。
 祖父曰く「時代は変わっている」。僕曰く「これから働く運命の俺らにとっては不安な時代になってきた」。

 まぁ、日本を救うためには
 ・結婚するやつは子供3人生むこと
 ・結婚しないやつは中長期投資を行うこと
を守ればいんじゃない? って考えてる。人口が増えりゃいいし、景気も活気づくから。離婚する前にS○Xしろ、短期投資の悪イメージを払拭しろ、ということです。あとは離婚しようがニートしようが好きに生きても大丈夫かと。

 別府から帰って寝た。
 起きたら6時。正月特有のだらだら生活。
 あしたは母方の実家に顔を出す日で、時間は夕方からということらしい。
 お、もしかしたら尺間神社にいけるかも……?

【食事】
朝:抜き
昼:百膳の夢 夢なんたらコース。刺身、ステーキ、お吸い物、お寿司、デザート、その他
夜:カップラーメン。一風堂やらソラノイロ(?)やらがコラボしているやつ
  1. 2013/01/02(水) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます。


2013年 謹賀あCG


あけましておめでとうございます。
「眼と眼に,愛を」より新年のご挨拶を申し上げます。

前の記事をみれば分かるように、実に1年ぶりの更新となりました。
1年間ほったらかしてみて、新しい年になったのを機に、またちょくちょくブログでもやっていこうかという次第です。

今日は初日の出を見に行く予定でしたが、普通の日でもいつも寝坊してしまう自分が元旦に起きれるはずもなく(昨夜遅くまで起きていたので)、目を覚ましたときは7時30分でした。日の出の時刻から既に14分が経過していたわけです。
それでも父が初日を見に行こうというので、まだ良い景色が見られるかもしれないという淡い期待を抱きつつ、佐賀関の白ヶ浜海岸付近にクルマを走らせました。ちなみに母と妹は来ませんでした。出発する前に山の間から見えた朝日に満足した模様。

正直、日もだいぶあがっていて、急いでクルマを走らせてももう間に合わないんじゃないかと思い、自分たちも期待は薄かったのですが。
予想を裏切る景色でした。太陽はぎりぎり「朝日」と称して良いのではないかといえる高さに昇りつめており、海面にキラキラ反射して神々しいほどでした。写真があるのですがニコン特性の.NEFデータなので直接見れません。明日にでも変換してのせておこうと思います。

……初日の出をみたついでに佐賀関半島をぐるっと一周。途中クルマを降り、小さな鳥居をくぐって半島のさきっちょを目指して徒歩。人がまったくいない。木々が生い茂って森みたい。
岬の先頭に灯台があるのですが、その付近で「関崎稲荷大明神」なる神様が祭られている、とても小さなほこら? みたいなのを発見。めでたく初詣した次第。
探検のつもりで更に歩を進め、半島の山の頂上付近にある「海星館」なる近代的建物を発見。普通に宇宙関係の博物館だった。意外に人が多くてびっくり。どうやら自分たちは海星館に続く大きな道でなく、とても狭い裏側から昇ってきたらしい。そのまま大きな道を下り、もとの場所へ戻る。1時間かけて半島を1周してしまったことになる。
気になるのは、鳥居をくぐったままだという件。半島を1周するコースを歩いたので、「鳥居から出る」行為をしていない。つまり入りっぱなし。これは果たして良い行為なのか……?

最近、「出歩く」ことの楽しさを実感してきている。
旅は楽しい。県内の佐賀関でさえ、歩き回ってみるとけっこう面白かった。
それに、神社とかにいくとけっこう身が引き締まる。今年はちゃんと初詣に行こうか。

正しい参拝の方法とかを調べると、いろいろ興味深いことが分かる。
鳥居をくぐる前はお辞儀をしなくちゃいけないらしい。その後は道の真ん中を歩いてはいけないのだとか(そこは神様が通るので)。
手をあわせるときは「お願いごと」はしちゃいけないらしい。「感謝」を述べ、「誓い」を立てるのが望ましいんだとか。
毎月参拝にいって、誓いを立てるならば生活がだらけることもないんじゃないか? なんて思ってしまった。


その他は特になし。
旅行に行きたいですが、母がめんどくさがりやなので家族で外出することがありません。低燃費のアクアを買ったのにもったいない……。

出雲大社に行こうと意気込み、朝からスケジュールを立てようとしていましたが、神様が集うのは10月であるらしく、別に正月にいかなくても良いのでは? という結論に。
それならばいっそ、今年は受験もあるのだから学問の神様で有名な神社にいけばいいじゃないかと思い至りました。例えば福岡県の太宰府天満宮や、佐伯の尺間神社など。後者が優勢。1月3日に家族が集まる会(みたいなの)が夕方からならば、朝から出発すれば夕方頃には戻ってこれるのだから、その日に参拝することができそうです。

何はともあれ、今年もよろしくお願いします。

いや
今年こそよろしくお願いします。
自分に対しては。

【食事】
朝:抜き
昼:毘沙門天で豚しゃぶ、寿司、天ぷら、茶碗蒸し等
夕:すき家でキムマヨ牛丼、豚汁セット
  1. 2013/01/01(火) 23:59:59|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Aigul

Author:Aigul
「伝える仕事」。
人と会話をすることが私の夢であり、私の全てで、それしかない。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

生活 (34)
部活♪ (0)
映画 (0)
べんきょ (0)
音楽 (0)
情報倫理 (0)
新情報倫理草案 (0)
*^^* (1)
未分類 (2)
小説類 (0)
テツガク (0)
クイズ (0)
おふざけ (0)
心の足跡 (0)
将来に向けて (2)
皮肉 (0)
絵 (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。